仙台の紅葉狩りを作並温泉で

仙台の紅葉狩りなら作並温泉

紅葉狩りのワンポイント情報です。

 

仙台の奥座敷として有名な、仙台市青葉区の「作並温泉」。
こちらは、広瀬川清流に映る見事な紅葉を眺めながら、温泉(日本では、地中から湧き出た温水や鉱水が、25℃以上の温度があるか、特定の成分を規定値以上含んでいることをいいます)や芋煮会をたのしめるスポットで、宮城一美しい滝が見られる名所でもあります。

 

紅葉が見事なのは、10月下旬〜11月上旬にかけて。
サクラ、ブナ、カエデ、ケヤキ、クリ等の樹木が美しく紅葉する姿を楽しむことが出来ます。
壮大な大自然の中で、ゆったりと静かに紅葉を楽しみみては如何ですか。
仙台市太白区の「秋保大滝」は日本三名瀑の一つとも言われていますが、紅葉狩りスポットということでも有名です。

 

10月下旬〜11月上旬にかけて紅葉の見頃を迎え、この季節には周囲の緑の山々と、モミジ、カエデ、イチョウが紅葉する姿の見事なコントラストをみる事ができるでしょう。

 

滝見台からは、奥羽山脈を源とする名取川が幅約6m、高低差約55mから落ちる大滝の豪快な景色も楽しむ事ができますよ。

 

紅葉のシーズンには、滝の自然なマイナスイオンを浴びながら、このとき期にしか見ることができない景色を眺めてみるのも良いでしょう。

 

駐車場は無料ですから、紅葉狩りには車を使う人が便利でしょう。
仙台市泉区にある「スプリングバレー泉高原スキー場」も、紅葉スポットにはおすすめです。
こちらでは、ブナ、カエデ、カラマツ等の樹木が色付き、紅葉と共に仙台市内から太平洋までを見渡す事が出来る絶景を楽しむことが出来ます。

商品検索

リンク集